肩こりとシップ

肩こりには「温シップと冷シップ」のどっちがいいの?

暖めて血流をよくした方がいいと思って温シップを選びがちですが本来のシップの目的を考えると、どちらが良いのかが見えてきます。ピップエレキバンなどの使い方についてもご紹介します。

肩こりには温シップ?冷シップ?

温シップと冷シップ、肩こり用として両方売られているので、迷っていませんか?

 

肩こり解消の為だと思っても、どのように使い分けるのが効果的なのか、そもそもシップは何のために使うのか、あまりよく知られていません。ざっとまとめますので参考になさって下さい。

 

シップの役割

シップといえば、肩こり、腰痛、筋肉痛などの痛みの緩和を目的に使いますよね。

 

温感タイプと冷感タイプがあるので「暖めるのがよいのか、冷やすのがよいのか…」と迷う方も多いです。

 

そもそもシップの役割は、消炎鎮痛成分を皮膚から浸透させることです。暖めたり冷やしたりすることが目的ではありません。

 

温シップも冷シップも、同じ消炎鎮痛成分が含まれているなら、同じ効果・効能といえます。ですから、好きなほうを選べばよいのです。

 

よくある温シップと冷シップの使い分け方

温シップの場合

消炎鎮痛成分とともに温感を得ることができます。冷え性の方や、冷えによる血行不良を感じる方は、温シップを選んだほうがよいでしょう。肩こりの原因には、血行不良が挙げられるので、シップ本来の目的とは別ですが効果的だと思われます。

 

冷シップの場合

消炎鎮痛成分とともに冷感を得ることができます。肩こりで痛みがひどいときや、熱を持っているときなどは、冷シップで冷やすのが効果的です。また、清涼感を得られるので、夏には気持ちがよいでしょう。

 

ここでご紹介したシップの使い分けは、あくまで一般的なケースですので、病院にかかっている場合には医師に相談した方が確実です。

肩こり・首こり解消グッズいろいろ