緊張型頭痛の症状

緊張型頭痛の症状

緊張型頭痛の症状は、人によって、頻度や痛み方が様々です。肩こりを伴う場合が多いので、上半身が全体的に重い感じになってしまいます。具体的には、以下のような症状が起こります。

 

緊張型頭痛の痛み方と頭痛を感じる位置

緊張型頭痛を感じる位置は、頭の両側や頭全体です。
サイズの小さい帽子を無理やりかぶっているような感じと表現する人もいます。

 

痛み方

鈍い痛み、締め付けられる感じ、圧迫感、ビリッとする感じ、苦しい感じなどと様々で、その時々で違ったりもします。痛みの強さはそれほどでもないのですが、痛みという感覚だけでなく、頭の具合が悪いという感じです。

 

緊張型頭痛のその他の特徴

頭が痛むだけではなく、「一日中眠い」「目が重たい」「ボーっとする」「疲労感がある」「不安感がある」「目の奥が痛い」などということがあります。集中力の維持などが困難となり、精神的にもつらくなります。

 

緊張型頭痛の頻度

緊張型頭痛の頻度は個人差があるものの、頻繁に起こることが多いです。

 

その頻度にも個人差があります一度起こると、数十分で治まる人、数日間にわたって続く人、常に重苦しいという感じを持っている人、一日中痛む人、よくなったり悪くなったりを繰り返す人・・・、いろいろな人がいます。

 

緊張型頭痛は、特に何かに集中しているときや仕事中によく起こり、長く続きます。ほっとしたときに発作が起こり、痛みが治まると普通に戻る“偏頭痛”とは対照的だといえます。

 

肩こり・首こり解消グッズいろいろ