肩こりを自宅で解消

肩コリに「良いこと・悪いこと」を見直して症状を緩和♪

毎日のほんのちょっとしたケアで、肩の状態は次第に変わっていきます。スグに効く!という即効性はありませんが、毎日コツコツと続けていけば辛いコリも解消されていきますよ。

肩こりを自宅で解消するには?

自宅でできる肩こり対策は、すぐにでも始めてほしいと思います。

 

「週に一度のマッサージが楽しみ!」というのもよいのですが、根本を見直さない限り、永遠にマッサージ代が必要になってしまいますよね。

 

コリは溜め込まないことが大切です。そのために、自宅での正しいケアは欠かせません。

 

肩こりの予防と解消 ハズしちゃいけない基本事項

〜予防編〜
・長時間にわたって同じ姿勢を続けない
・無理な姿勢を続けない
・冷やさない

〜解消編〜
・筋肉の硬直化を防ぐ
・血液の流れを良くする
  → 疲労物質が溜まるのを防ぐ事に


これらが肩こり予防と解消における基本中の基本です。少し意識するだけで、自宅での日常生活に取り入れることができますね。

 

最もかんたんに行えるのが「入浴とストレッチ」です。

 

お風呂で体を温めて血流を良くしてから、ストレッチで体の緊張をほぐすせば、通常よりも高い効果が得られます。(※頭痛を伴うような状態の時は、あまり熱いお湯に長時間入らないように注意してください)

 

今日からはじめる! 肩コリに「良いこと・悪いこと」の一覧

やった方が良いこと

・肩や首を暖める(ウォーマー等を使う)
・患部をかるく揉んで筋肉をほぐす
・暖かいもの、血流改善するものを食べる
・朝晩のやこまめなストレッチをする
・締め付ける下着はすぐに取る
・睡眠を十分に(適度に)とる

やってはダメなこと

・長時間、寝ながら本や雑誌を読まない
・パソコンやテレビに長時間集中しない
・見上げるような位置にテレビを置かない
・エアコンにずっと当たらない
・疲れたまま寝ない(体をほぐして寝る)
・負担のかかる姿勢で寝ない


1日の約1/3の時間を占める睡眠中に、本来であればヒトが持っている回復力によって肩や首のコリは回復しています。

 

ちゃんと寝ているつもりでも翌朝コリが取れていないのは、枕の高さが合っていない証拠です。その最も大きな原因は、ほとんどの方が適切な枕の高さを勘違いしているからです。

 

その結果、寝ている間も肩や首に負担がかかり、体の疲れも取れにくい状態になってしまいます。

 

当サイト編集部員が、連日完売状態が続く大ヒット枕を試した報告記事が参考になるので、ぜひご覧下さい。

肩こり・首こり解消グッズいろいろ