肩こりと眼精疲労

肩こりと眼精疲労の深い関係

肩こりの原因のひとつに、“眼精疲労”があります。

 

眼精疲労により、顔や肩の筋肉にストレスが掛かってしまい、それが肩こりへと発展します。特に何かに集中していると、目の周辺の筋肉だけではなく肩や首の筋肉も緊張状態が続くので、肩こりも進行してしまいます。

 

眼精疲労を避けることはできない

眼精疲労とは、目の充血、乾き、痛み、ピントが合わない、かすむ・・・等々、目に起こる症状です。あなたも経験ありませんか??

 

長時間パソコンに集中したり、テレビを見たり、ゲームをしたり、細かい作業を続けたりすると起こりますよね。特に、デスクワークの方は、避けて通れないので辛いところです。

 

しかし、今やスマートフォンやパソコン、テレビ、タブレット端末など、生活の中にあらゆるディスプレイが浸透しています。日常生活において目の疲れを減らすことは現実的に難しいので、目の疲れを溜め込まないことが大切になります。

 

眼精疲労の解消

加齢とともに目の機能も低下するので、症状を感じ始めたら、早めにケアを開始することが大切です。

 

眼精疲労を解消するには、充分な睡眠、目の体操、サプリメントなどがあげられます。

 

サプリメントは、ブルーベリーに含まれる“ルテイン”の効果が有名ですが、“ビタミンA”、“ビタミンB群”、“アントシアニン”なども有効です。

 

しかし、自分なりのケアで効果があまり感じなかったり、ひどいドライアイなどの症状があったりする場合には、眼科の診察を受けてください。目の疲れの域を通り越して、“目の病気”かもしれません。眼精疲労が悪化すると、肩こりだけでなく、頭痛なども引き起こしてしまいますよ。

肩こり・首こり解消グッズいろいろ