偏頭痛の原因

偏頭痛の原因は何なの?

偏頭痛の原因は、血管の拡張だと考えられています。なぜこのようなことが起こるのでしょうか?詳しい原因とメカニズムをご紹介しましょう。

 

偏頭痛の原因とされる2つの学説

頭痛そのものの原因は、実はまだはっきりとわかっていません。脳腫瘍などの病気のように、明確な異常が認められないので、諸説あるのが現状です。偏頭痛の原因は、血管の拡張と考えられていますが、その中でも、「血管説」と「三叉神経血管説」が有力と考えられています。

 

偏頭痛のメカニズム:血管説

血管説は、「セロトニン」という物質が関与しているという説です。この物質は、血管を収縮させる働きを持っているのですが、代謝されると逆に血管が拡張されて頭痛が起こるというものです。なぜセロトニンが放出されるのかという点は、ストレスなどが考えられているものの、まだ解明されていません。

 

偏頭痛のメカニズム:三叉神経血管説

三叉神経血管説は、顔の知覚や顎の運動をつかさどる“三叉神経”が関与しているという説です。何かの刺激が三叉神経に加わることで、そこから血管を拡張させる働きのある神経伝達物質(CGRP)が分泌され、血管が拡張されて頭痛が起こるというものです。どのような刺激なのかは未解明です。

 

血管の拡張

まだ解明されていない部分も多い分野ですが、「血管の拡張」が頭痛の直接的な原因というのは間違いありません。病院で適切な治療を行えば改善が見込めるので、一度診察を受けてみましょう。また、血管を収縮させるために、頭を冷やすのがよいといわれているので試してみてください。

肩こり・首こり解消グッズいろいろ